今のラブホテルは設備も充実していて一日中楽しむことが出来る

ホテルの風呂

新たな楽しみ方を見つける

明るい照明の客室

ラブホテルと聞くと男女がセックスをするだけの場所というイメージを持っている方も未だに多くいるでしょう。これまでラブホテルをデートの最後に行く場所だと考えていた方も今後はデートの場所として選んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

厳しい女性も納得

暗い照明のお風呂

関西の若い女性は何事にも非常に厳しいことで知られています。今のラブホテルは厳しい関西の女性が女子会の会場として望む条件を全てクリアしています。これまで女子会の会場として考えたこともないという方も注目してはどうでしょうか。

続きを読む

昔のイメージとは全く別

ホテルのベッド

皆さんは最近、いつラブホテルを利用されたでしょうか。40代、50代といった年配の方は数十年と利用していないのではないでしょうか。利用が長い期間遠のいているという方は、若い頃に行ったラブホテルのイメージをそのまま持ってしまっているのではないでしょうか。そういった方は年齢を重ねた今になってわざわざ利用したいと思わないはずです。ですが、数十年前と比較をすると今のラブホテル全く別のものになっています。それを知れば、年齢を重ねて今でも利用をしたいと思うのではないでしょうか。
昔のラブホテルは外観からして特殊なものでした。個性的で派手なデザインでピンクのネオンが輝く大きな看板がありました。しかにもという外観で入ることすら恥ずかしいと感じた経験もあるはずです。ですが、今の新しいラブホテルは全く違います。シックなデザインでネオンが輝く看板などはありません。通常のホテルと見間違うほどの外観なので入ることに抵抗を感じることもないはずです。
もちろん、外観だけでなく室内も大きく変化しています。昔のように清潔感がなく狭いといった部屋とは全く違うものになっているんです。清掃は隅々まで行き届いていて清潔感があり、天井が高く広々とした部屋ばかりなんです。二人では広すぎると感じるほどではないでしょうか。
このように数十年前と比較をするとラブホテルは大きく変化をしています。昔のイメージで敬遠をしている40代、50代の方が利用をすれば感動すら覚えるはずです。

宿泊施設不足を解消する

変わっているラブホテル

東京で問題になっていることがあります。それは、宿泊施設が不足していることです。海外からの観光客が増えたことで宿泊施設はパンク状態になっているんです。今後は宿泊施設が不足するでしょう。レンタルルームに注目をしておきましょう

続きを読む